FC2ブログ
プロフィール

Hiro!!

Author:Hiro!!
Hiro!! BLOGへようこそ!!

性別 男性
都道府県 東京都
自己紹介
Hiro!!です。訳あって、セックスレスになりました。
だけど、二人で温もりのある癒しあうセックスを共感
したいと思っています。
 そんな想いをブログにしています。




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

温もりのセックスを二人で共感しよう!
40代になっても、もう一度恋をしたい。癒し愛、熱い刺激を共有したいあなたにめぐり逢いたいから。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の器量は「女」でわかる?
先日、出張中、新幹線改札前の書店の前の棚に山積みになっている
本が気になった。

男の器量は「女」でわかる  (里中李生著)

ふむー? しかもかなりの量の本が積まれている。
普通の書店ではありえない光景。だからこそ、気になったので
中身はどうであれ、インスピレーションで買って見た。

結構、自分なりには感性を刺激を受けるいい本だった。

---------------------------------------------------------

・セックスは罰せられない「麻薬」だ。

・オトコとオンナには血のつながりがないわけで、
 抱き合うしか愛を確認できない。

・愛の確認も接触にて行う。

・「セックスは、オンナが気持ちよくて、オトコは楽しい」

エッチのことばかりじゃないけど、やっぱりオトコとオンナは、
セックスは重要なんだなぁと思った。

違う意味で観点がよかった。
普段読んでいる本では得られないものを感じました。久々に。

読み終えたあと、ある書評(女性)を見たら、

ちょっと辛口の“人生哲学”が満載。
一流をめざす男性はもちろん、もっといい男に出会いたい女性も
必見の一冊。
お金、仕事、セックス……「できる男」は何が違うのか?
なぜ、いい女ほど「硬派」な男を追いかけるのか?
と書いてあった。

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

なぜ「婚外恋愛」を求めるのか?
それは ”セックスレス” だから。

子供もいるのにまさか?ですよね…

セックスをしたから子供がいる! その通りです

でも、子供が生まれる前は愛情を確かめ合う、お互いの快楽をともに
セックスしていた。

子供が生まれると、行為そのもの事態も「ぱったり」と無くなった。

妻にとってみれば、「子供が生まれたから」「旦那よりも・・・」という
ことなのかもしれない。

無くなったのは、セックスだけではありません

スキンシップも、拒否された。

身体は温もりを求め拒絶され、精神的なショックも受けました。
当然、妻から激しい言葉を言われることも多々。

だから、このブログのタイトルにあるように、

「温もりと癒しのセックスを二人で共感しよう! 」というビジョンをもとに
婚外恋愛を求め始めたのであった。


テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

究極は・・・・
「最後の男になれるのか?」

「あの人のことが忘れられない」
そういう男(女)にならなければ、ならない。

「あなた以外を愛せない」と言わせないといけない。

と読んだ本に書かれていたのを読んでふと過去の想いが過ぎった。

私も同じことを以前聞かれたことがある。

Aさん) 「忘れらない人っていた?って」

私) 「いたよ」

今でもその女性とのセックスは鮮明に覚えている。

はっきりと。

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

恋ゴコロ
ポルノグラフィティの「恋心」を聞いて思ったこと。

恋愛というのは、想像の世界だ。
 恋愛が結婚になった時、想像が現実になる。」と。

要するに、相手のことが、好きで好きで・・と、一生懸命になれるのは、
相手が「素敵な人であろう・・」という想像がなせる技だと。

出逢って、楽しくてなんとなく肌が合わせたくなって、
たまたま凹と凸があったら、SEXするって・・・・
だめなのかなぁ~~

ともに男と女という補完しあう肉体を求めあわせることで、セックス目的の
ためコミュニケーションを図らざる得ないようになっており、そのため、
お互いの価値観の交流がある。

お互いを理解し、調和をもたらすようにお互いが動かざるを得ないのです。
そしてその結果の褒美として、「セックスの悦び」があるのかな、と思うのです。

その意味では、お互い理解しあうコミュニケーション能力をつけて、
違った価値観の女性と融合できる仕組みは、素晴らしい。

女性も男性のように、家庭に居ようが仕事していようが、
恋愛もセックスも、男と対等にできるんだという部分は強くもっていいと思いますよ。

不倫のおかげで、見聞や人生観を豊かにした、という立派なプラス面もあります。

 事実、年齢差のでの知識や経験を受けることはかなり人生にとってプラスになって
います。これは不倫のみではありませんが、お互い肌を重ねれば、友達にも話せない話を
したりできます。
という関係だからこそ、話すという内容もあります。

事実、私も自分より年齢の離れた女性とそういう話をしたことがります。

愛している人とのセックスは 心が満たされるもの。

食欲を満たすように、性欲を満たすのとは違う。

ただの人と人してであって、凹と凸をなんとなくあわせてしまうのは、
やっぱり浮気なのかな~~???

仕事の活力と性欲の回路は直結してるって、ホントなのか。

でもセックスに満たされてない事実が、自分にとっては生命力の低下に
つながるほどつらい問題。

足りないことを補うためには、妻以外の女性の存在と力が必要!

でも相手のあることは自分の思い通りには当然できず、しかも男女には明らかに
セックスや恋愛に対する考え方の深い相違と差がある。

仮にその人を好きになってしまったとしても、人を好きになることは悪いことでは
ありません。

恋心はそれはそれで夫婦という男女関係とは別物だと思います。

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

出会いの必然性って? 何だろう?
毎日、乗っている電車だったり、一緒に通っていた場所や空間、
この広ーいインタネットの世界でもどんな場所であっても、
必ずしもお互いの意思疎通ができるとは限らない。

 ネットならなおさら、相手の容姿や外見から伝わるインスピレーションもない。
自分の生活とは違う地域でも繋がっていく。

文字や文章だけ。あるいは映像や写真によって伝えているものがあるが、
それがすべてとは限らない。

そこで出会えることは、何かの力でお互いが引き寄せられるのだろう。
お互いの見えない力で、気持ち、行動までが引き寄せられる。

出会う度に、この出会いを感謝しなければいけないと思う。

そうして、繋がって、精神も肉体も引き寄せられていく。

その出会いの必然性って、何だろう?って。 なんとなく思った。

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。